長岡花火駐車場はチケット有り無しで違う アクセスと注意点について

新潟県長岡市で行われます、長岡大花火大会。

毎年の大混雑と大渋滞で知られますが、有料観覧席のチケットをお持ちの場合と無料観覧席(チケット無し)の場合、席によって近い駐車場が違うのをご存じですか?

また、チケット取れたものの当日のアクセスはどのようにするのがベストか?何時頃会場到着なら間に合うのかな?など気になる事がたくさんありますよね。

ここでは、
*車でのご来場の場合*
・長岡花火[チケット別]おすすめの駐車場

・長岡花火[チケット無し]無料観覧席から花火鑑賞したい時のおすすめの駐車場

*電車でのアクセスの場合*
・ 長岡駅到着時間は遅くてもこの時間

*長岡花火会場到着、退場する時に覚えておくといいこと2つ*

を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

長岡花火[チケット有り]おすすめの駐車場はこちら

右岸側 1、フェニックスエリア席のおすすめの駐車場

kjohou03 (1)

駐車場名称

・北部体育館(160台駐車可能、無料)北長岡駅まで徒歩約10分

・倉敷機械(100台駐車可能、無料)北長岡駅まで徒歩約1分

行きは駐車場まで車(長岡北スマートIC降車)そこから、→電車(北長岡駅から乗車→長岡駅下車)のアクセス方法です。

帰りも逆を辿って、長岡駅から北長岡駅まで電車で来て駐車場から帰るという方法もありますが、花火を最後まで鑑賞してから帰る場合は、長岡駅まで1時間、駅では入場規制がかかる場合は更にそこから1時間待ちになります。

フェニックス席でしたら、そこから北長岡駅まで歩いて30分ほどで帰れますので(高速は中之島見附IC利用のが早い場合もあり)
そこも込みでのおすすめの駐車場です。

2、右岸側 マス席、びゅう席、イス席、ベンチ席のおすすめの駐車場

駐車場名称

・悠久山公園(810台駐車可能、無料)

南越路スマートIC、あるいは長岡ICで降車

臨時バスの運行あり。
(片道3キロメール、約15分、片道210円)

バスは長岡駅東口に止まります。

帰りは長岡駅西口から東口に抜ける地下通路があり、駅で入場規制がかかる心配はありません。

帰りの高速は南越路スマートICの利用をおすすめします。

左岸側 河川敷内マス席 おすすめの駐車場

駐車場名称

当日早朝到着、途中で切り上げて帰る派なら
・長岡造形大学(220台駐車可能、2000円)
・県立近代美術館(160台駐車可能、2000円)
・リリックホール(450台駐車可能、2000円)

ゆっくり到着、最後まで鑑賞派なら
・三島支所(430台駐車可能、無料)
こちらの駐車場は15時会場です。

シャトルバスあり。
(片道約6.6km、約15分、往復500円)

長岡花火[チケット無し]無料観覧席から花火鑑賞したい時のおすすめの駐車場

無料観覧席で花火を鑑賞したいとき、右岸と左岸のにどちら側が良いのか?と悩みませんか?

おすすめは左岸側です。

スポンサーリンク

有料席の数があまりなく、無料観覧席のスペースが広く取られています。

夕方近くに来場しても2、3人くらいでしたら座る場所には困りません。

それくらい広くスペースがあります。

左岸側 無料観覧席 おすすめの駐車場

駐車場名称
・国営越後丘陵公園(1850台駐車可能、2000円)

シャトルバスあり(片道約20分)

行きも帰りも関越道 小千谷IC、北陸道西山IC利用ですと、渋滞を回避できます。

これは車で来場の場合でのアクセス方法ですので、電車で来場して、無料観覧席でみたい場合は右岸側になります。

右岸側は無料観覧スペースがあまりないので、ちょっと狭い感じがします。

広さを求めるなら左岸側ですが、橋を渡って行かなくてはいけないので、帰りは橋を渡るのに30分、橋から駅まで30分の時間がかかることを頭に置いて、電車の時間を考慮しましょう。

右岸の無料観覧席は長岡駅から長生橋を見た時に橋の左手側と長岡駅から大手大橋を見たときに橋の右手側に分かれます。

駅からの距離はどちらも同じくらいです。

電車でのアクセスの場合

長岡駅到着時間は遅くてもこの時間には到着していよう

長岡花火の打上時刻は19:20~21:10(予定)です。

駅から大手大橋、長生橋まで30分、橋を渡るのに30分ほどかかり、その後の席の移動までを考えると30分は余計に見ておいて間違いありません。

大手大橋は19:00〜交通規制により通行止めです。(毎年、有料席のチケット押さえておきながら、交通規制で橋を渡れない人がいるようで、公式HPにも注意書きがされています。)

それを考えて15分前の18:45には橋を渡りたいところです。

多めに時間を取って、18:00には駅に到着していた方が良いといえます。

夕方となるともう会場は大混雑ですので、余裕のある行動を心がけたいです。

長岡花火会場到着、退場する時に覚えておくといいこと2つ

長岡花火は毎年恒例で大混雑、大渋滞です。

初めて現地に来られる方はみんな、行きは勢いで来るものの、花火終わりの帰り道があまりの大混雑、大渋滞でうんざりしてしまいます。

そこで覚えておいた方がいいことが2つあります。

まず、1つ目。

渋滞を避けるために途中で花火を切り上げて帰りたい場合に通行止めとなる道があります。

・大手大橋(歩行者 19:00〜22:00)(車両19:00〜22:30)

・長生橋(歩行者 20:00〜20:45)車両(20:00〜22:00)

こちらの2つの橋は交通規制があることを覚えておかなくてはなりません。

そして2つ目。

電車で来場した場合、左岸方面に会場入りするのに駅から橋まで30分、橋を渡るのに30分を要します。

ですので、それらを計算に入れて駅に到着する必要がありますのでご注意を。

まとめ

(次回から有料席を取る時に気をつけたいこと)

おすすめの駐車場として、有料席チケットから比較的近場の駐車場で停めやすいところをチョイスしましたが、長岡花火はとにかく帰り道が大混雑で有名です。

そのため「どの席で花火鑑賞したいか?」「どこの駐車場に停めたいか?」という希望よりも、

・どこの場所から来場するのか
・その帰る場所に帰りやすい経路、駐車場はどこなのか?

の2つを優先して、有料席のチケットを押さえると良いと言われています。

あまり会場に近い駐車場に停めると長岡ICに乗るまで2時間以上掛かったなんて話もありますし…。

長岡花火は一度観たら何度でも訪れたくなる花火大会です。

みなさんも楽しんできてくださいね!

長岡花火 穴場駐車場と【帰る方面別】渋滞回避方法秘策を公開

https://kanko.travel.rakuten.co.jp/niigata/region/kita.html?cid=tr_af_1631新潟長岡市の観光スポット、周辺の宿泊施設、口コミなど詳しくはこちらから

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。